日  誌
2012年7月⑤

7月④へ 7月⑥へ
2012年日誌
 トップの頁 目次の頁 →

東京北部ユニオン
 「街」分会 
ビデオ・ライブラリー

2012年・2011年 
2010年・2009年・
2008年・2007年

 “国鉄闘争の火をさらに大きく” 
被災地・福島と固く結び
職場闘争で資本の支配を打ち破る
国鉄闘争 全国運動の発展を!
 811号~(2012.6.27~)
791号~810号(2012.5.18~6.26) 771号~790号(2012.4.~5.17)
 751号~770号(2012.2.~3.30) 731号~750号(2011.10.~12.24)
  711号~730号(2011.10.~12.24) 691号~710号(2011.10.14~11.9)
671号~690号(2011.9.11~10.12) 651号~670号(2011.8.11~9.10)

スケジュール
国鉄闘争全国運動のホームページ
http://www.doro-chiba.org/z-undou/z-index.htm
NAZENブログは、こちら 福島診療所建設委員会ホームページはこちら

7月9日(月)
早朝、国鉄、ビラまき

夕食はコムタン・クッパ カルビ・クッパ
イカ・オクラ、鶏のモツ煮 サントリー・モルツ 休みだけど、「街」屋台
沖縄・糸満出身の美容師、登場 ちんすこうの差し入れ ドンドン人が集まってきて、大討論会


近くの「八剣伝」から広島出身の

店長が出前。

 だ  ん   け  つ  2012年7月9日
818
東京北部ユニオン 「街」分会
関町北4-2-11

電話 3928-1378

野田の福島訪問に弾劾行動 
「再稼働反対」コール響き渡る
 大飯原発再稼働強行に対する怒り、さらには前夜の首相官邸前15万結集の興奮冷めやらぬ中での7月7日野田首相の福島訪問。「本気で再稼働を止めたい」「直接野田に福島の怒りの声をぶつけたい」「首相官邸前の思いと一つになりたい」―事前に何の告知もなかったにもかかわらず30人もの人々が小雨降りしきる中、福島県庁前緊急行動に立ちあがった。

 この行動には佐藤幸子さん、武藤類子さんを先頭とする福島の女たち、そして何人もの福島大生が県庁前に結集。心ひとつに再稼働反対の声を上げた。

 野田首相の福島県庁到着に先駆け、午前中から行動は始まった。午後3時過ぎ、「再稼働反対」のコールが響き渡る中、機動隊が阻止線を張りはじめ、事態は一挙に緊迫する。黒塗りの車に乗った野田が県庁内に入った瞬間、集まった人々の怒りは最高潮に達した。心ひとつに「再稼働反対」のコールが繰り返される。そして野田弾劾の怒りのアピールが始まった。

 「福島の高校生です。なぜ高校生がここまで深刻な問題を考えなければならないのか」「大阪から転勤で福島にきた。慣れるのに時間がかかったが、今は第二の故郷だと思っている。福島が汚染され、大飯がもし事故を起こし、大阪まで汚染されたらいったいどうすればいいのか」「原発事故は、野田首相、あなたたちが起こした人災だ。野田首相たちは原発の再稼働を絶対にあきらめないかもしれない。私たちは日本と世界から原発をなくすことをあきらめない」(福島合同労組委員長・市川潤子さん)「福島に住む子どもの母として一言言いたい。野田首相は、自分の子どもたちを福島に連れて来い。20㍉シーベルト基準を撤回しろ。この夏からは、子どもたちのプールも始まってしまう。子どもたちを疎開させてほしい」―繰り返されるコールと怒りの訴えは、県庁内の野田首相、佐藤県知事を完全に包囲した。

 この行動には多くの取材陣も駆けつけた。たとえ少数であっても、フクシマの怒りは、世界を揺るがす力をもっている。

 7・16集会のもつ位置はいよいよ高まってきている。首相官邸前をはじめとする街頭での高揚をどこまでも発展させよう。労働組合・学生自治会の力で空前の結集を実現しよう。何よりもフクシマの怒りを守り抜き、連帯し、発展させよう。アジサイ革命は、いよいよこれから本格的に開花しようとしている! (S)

市東さんの農地裁判勝利へ
三里塚緊急現地集会
 7月8日、三里塚芝山連合空港反対同盟の主催で「市東さんの農地裁判勝利! 第3誘導路工事粉砕」を掲げた三里塚緊急現地集会が開かれた。前夜から朝まで降り続いた雨が上がり、強い日差しで気温が上がる中、成田市東峰の萩原進さんの畑に、反対同盟を先頭に245人の労働者・農民・学生・市民が続々と結集した。この畑も開拓組合道路とともに空港敷地に深く食い込んだ場所で、目の前ではジェット旅客機がひっきりなしに走行を繰り返している。

 午後1時半、萩原富夫さんの司会で集会が始まった。

 最初に北原鉱治事務局長が発言に立った。「市東さんの家と畑を空港の中に囲い込もうとしていることを、許してはならない。
 続いて萩原進事務局次長が基調報告を行った。「市東さん追い出しのため、第3誘導路の突貫工事が、今行われている。だが情勢はダイナミックに動いている。野田政権の原発再稼働、消費大増税、オスプレイ配備、TPP推進に対する人民の怒りは頂点に達している。週末の官邸前を始め、全国で10万、20万の人びとが立ち上がっている。沖縄・福島・三里塚が手を結び立ち上がれば日本は変わる!」。そして市東さんの農地裁判とそれと一体の千葉市での集会・デモ、さらに三里塚現地闘争の取り組みの圧倒的強化を熱を込めて呼びかけた。そして特に学生に向かって「街頭闘争を闘おう! 敵がもし市東さんの農地に手をかけたら巨万の人民が立ち上がる情勢をつくり出そう」と三里塚実力闘争の歴史を体現した檄を発し、10・7全国総決起集会への大結集を訴えた。

 続いて天神峰の市東孝雄さんが発言に立った。「空港は、とにかく第3誘導路を造って私を追い出そうとあせっている。裁判での証人尋問はあまりにデタラメで腹が立った。大飯再稼働、消費税、オスプレイ、TPP、これらは絶対に許せない攻撃だ。全力で反撃します」と力強くあいさつし、大きな拍手を受けた。
 反対同盟顧問弁護団の葉山岳夫弁護士が裁判闘争の報告を行い、成田市農業委員会事務局長だった山口証人の、空港の悪行・違法をことごとく追認する屈服ぶりを「空港会社成田出張所だ!」と弾劾した。

 動労千葉の滝口誠さんは、10・1外注化攻撃粉砕へ組合員全員が立ち上がっていることを報告し、7・16代々木公園反原発集会の空前の大結集を訴え、「首都を制圧しよう!」と叫んだ。関実の発言に続いて、市東さんの農地取り上げに反対する会の人びとが壇上に並び、その中から三里塚に連帯する農民2人が、農地死守・TPP粉砕の闘いの最先頭に立つ決意を表した。

 婦人民主クラブ全国協議会は、首相官邸前での野田打倒へむけた人びとの熱気を報告した。
 全学連の斎藤郁真委員長は、萩原事務局次長のアピールに応えて学生が先頭に立って農地を死守する決意を表し、「7・16はあらゆる怒りが一つになる集会。原発を廃炉に追い込み、空港も基地もTPPも粉砕する闘いへともに立ち上がろう」と訴えた。

 集会の最後に、伊藤信晴さんのリードで団結ガンバローを三唱。反対同盟を先頭に直ちにデモに出発した。

 取香2号線(旧小見川県道)に出て市東さん宅前を過ぎると、第3誘導路工事で急ピッチで造られた取香トンネルが眼前に現れた。宣伝カーでマイクを握る宮本麻子さんが怒りを込めて弾劾した。「わずか150㍍の距離に7㍍も掘り下げたトンネルは急勾配で危険な構造。急坂を猛スピードで上がってくる車によって、市東さんのトラクターが妨害される」

 デモ隊はこのトンネルをくぐり、小見川県道から南台の市東さんの畑へ、さらに方向転換して出発点へと回帰する一周デモを、大量の機動隊による不当な規制を打ち破って貫徹した。

 地形をずたずたに破壊し、無理を重ねて進められる工事の現状をつぶさに確認した参加者は、心からの怒りを抑えきれず、反対同盟とともに市東さんの畑を絶対に守り、空港廃港まで闘いぬくことを誓った。
福島で野田を弾劾!
3・14法大弾圧を許さない法大生の会のブログから転載
昨日福島県庁に来た野田に対して、全学連書記長の坂野君や福大生を先頭に弾劾行動をたたきつけました!!

その行動が田中龍作ジャーナルに載りました。

以下転載。
野田首相が福島訪問 住民「再稼働は正気の沙汰ではない」
地元の青年たちは、野田首相が到着する2時間以上も前から抗議の声をあげていた。=7日夕、福島県庁前。写真:田中撮影=

 これほど国民の生活と健康に無神経な宰相が、かつていただろうか。大飯原発を再稼働させた野田佳彦首相が7日、原発事故がまだ収束していない福島を訪問した。

 福島県庁前で首相を待っていたのは、地元住民たちによる「帰れコール」と「再稼働反対」のシュプレヒコールだった。

 県庁前には「野田首相とお話がしたい」という女性たちの姿があった。子供が被曝している母親もいる。庁舎に入構しようとしたが、警察官に阻止された。

 福島県三春町出身で東電と政府を刑事告訴した告訴団長の武藤類子さんも、その中にいた。

 「野田さんは何しに来たんだべ。福島県民の声をちゃんと聞かず庁舎の中に入ってしまうのは、バカにされてるみたいだ。再稼働は正気の沙汰とは思えない。福島の事故が大変な事故だという認識がないのではないか。再稼働は福島の事故をなかったことにしたいということ」。武藤さんは大飯原発の再稼働を厳しく糾弾した。

 「私たちは本当に怒っている。福島の状態を考えたら再稼働なんてできないはず」。こう憤るのは郡山市議会の駒崎ゆき子議員だ。
首相を乗せた車両。野田氏程度の人物でも一国の最高権力者ともなれば、厳重な警備態勢が敷かれる。後ろが福島県庁=7日午後6時25分ごろ、写真:田中撮影=

 午後5時25分、野田首相が到着すると抗議のシュプレヒコールが一段と大きくなった。3時頃から若者たち20人余りが「原発なくせ」「福島返せ」などと声をあげていたのだ。

 福島市内に住む女性(会社員)がトラメガを持ち県庁に向かって叫んだ。「野田さん、あなたは首相をすぐに辞めるかもしれませんが、私たちは子供たちと一緒に福島にずーっと住み続けなきゃいけないんです」。

 野田首相は佐藤雄平知事と約1時間、会談したようだ。プルサーマル計画を容認した知事と再稼働を進めた首相。日本を破滅に追い込むようなことをしでかした二人は、何を語り合ったのだろうか。

 「野田さん、福島は安全だから泊っていって下さい」。女性の願いをよそに、首相を乗せた車は猛スピードで福島県庁を後にした。

7月8日(日)
夕食は手抜きをして寿司
間もなく始まります!
第三誘導路粉砕!市東さんの農地死守!
反対同盟・北原事務局長発言!
萩原事務局次長発言! 市東さん発言!
動労千葉・滝口誠さん発言!
三里塚闘争勝利!
7・16代々木公園へ!
7・6「再稼動反対」15万人が再び首相官邸前を解放区に@movie
3・14法大弾圧を許さない法大生の会のブログから転載
駅で阻止線をはる警察権力と、それに対して怒りの声をあげる参加者!
7・6京大学生集会! 間もなく始まります!
    
        7・6京大学生集会始まる!司会の髙田君よりあいさつ!
                     


三里塚芝山連合空港反対同盟 動労千葉 星野さんをとり戻そう!全国再審連絡会議 労組交流センター
動労千葉を支援する会
3・14法大弾圧を許さない法大生の会
北島邦彦の「すぎなみ未来BOX」
とめよう戦争への道!百万人署名運動
7月④へ 7月⑥へ
2012年日誌
inserted by FC2 system