日  誌
2012年7月⑫

7月⑪へ 7月⑬へ
2012年日誌

 トップの頁 目次の頁 →

東京北部ユニオン
 「街」分会 
ビデオ・ライブラリー

2012年・2011年 
2010年・2009年・
2008年・2007年

 “国鉄闘争の火をさらに大きく” 
被災地・福島と固く結び
職場闘争で資本の支配を打ち破る
国鉄闘争 全国運動の発展を!
 811号~(2012.6.27~)
791号~810号(2012.5.18~6.26) 771号~790号(2012.4.~5.17)
 751号~770号(2012.2.~3.30) 731号~750号(2011.10.~12.24)
  711号~730号(2011.10.~12.24) 691号~710号(2011.10.14~11.9)
671号~690号(2011.9.11~10.12) 651号~670号(2011.8.11~9.10)

スケジュール
国鉄闘争全国運動のホームページ
http://www.doro-chiba.org/z-undou/z-index.htm
NAZENブログは、こちら 福島診療所建設委員会ホームページはこちら

7月25日(水)
昨日の則子さん、去年の入院仲間
スカイツリー?! おもゆ
一週間ぶりの食事
今日は、3分粥
三里塚の野菜、売れます
差し入れの焼きそばでソース焼きそばと塩シーフード焼きそば 残り物の人参シリシリ
三里塚のポテトに差し入れのタラコを入れて
売れる三里塚の野菜
3時のオヤツ、スイカ
埼玉のヨッシーの登場 夕食は鮪のカマ つぶ貝・ワサビ
日曜日の「サンデーモーニング」のキャスター


唐橋ユミの実家の
会津ほまれ酒造の酒
イカの沖漬け 三里塚のしし唐と胡瓜の浅漬け 鶏の梅煮
鯵の南蛮漬け 差しいれの豆腐 冬瓜のスープ
「街」分会、屋台 ブーちゃんとワイルドキャットの対決は
引き分け! 最後はミッちゃんに捕まって、
一件落着! でも討論は延々と続く

 だ  ん   け  つ  2012年7月25日  
829
東京北部ユニオン 「街」分会
関町北4-2-11

電話 3928-1378
岩国基地へのオスプレイ搬入に
600人が怒りの反撃!
 7月23日、早朝から、米軍と野田政権の殺人輸送機オスプレイの米軍岩国基地への搬入・陸揚げ強行に反対して、岩国基地南側対岸の岩国市尾津町の堤防道路上に全国から労働者市民が結集した。

 朝と午後1時からの2回にわたって岩国市住民の実行委員会の呼びかけで抗議行動が行われた。「怒」の紙を手にした多くの岩国市住民を先頭に、全国から労働組合や地域で米軍基地に反対する市民団体や労働組合が、この間の野田政権の「人を人とも思わない」やり方や「命より金もうけ」の政治への心の底からの怒りに突き動かされて、自己解放的に結集してきたのだ。

 地元の岩国市職労を先頭に山口県下の自治体労働者やJR西日本、JR貨物の労働者、関西生コン支部も組合旗をおしたてて結集した。労働者は職場での当局・資本との闘いと一体でオスプレイ配備の問題を捉えて怒りを爆発させている。これほど多くの労働者・市民・学生が直接、基地に対して怒りの声をあげたことはなかった。「あじさい革命」が岩国でも開始されたのだ。

 私たち被爆67周年8・6ヒロシマ大行動実行委員会や百万人署名運動、NAZENに結集する仲間も、基地強化-オスプレイ配備反対は核廃絶・原発廃炉の闘いと一つの闘いであると確認し、広島・岡山の仲間30人が現地の闘いに決起した。7・23岩国闘争は、何よりも8・6ヒロシマと8・5の沖縄県民大会との連帯の闘いであり、また星野奪還をかけた星野闘争と一つである。

 「原発もオスプレイもいらない」「オキナワ・フクシマと団結して闘おう」「野田政権を打ち倒そう!」のかけ声は、結集したすべての労働者人民に共感を呼び起こした。

 朝には堤防での抗議行動と呼応して岩国市役所へのビラ入れ、昼には岩国駅前で街頭宣伝を行い、オスプレイ配備に反対するビラと8・6ヒロシマ大行動のビラを配布した。市役所の労働者も街頭も圧倒的に「オスプレイ配備反対」だ。
 私たちの「次は8・6ヒロシマへ!」というコールは、多くの参加者に受け入れられた。闘う仲間のみなさん! 来る8・6ヒロシマに大結集して野田を打倒しよう! そしてそのうねりを10・1JR外注化阻止へとさらに大きくしていこう!(広島・OS)

市東さん耕作権裁判、NAAが偽造文書の原本をしぶしぶ提出
 7月23日、千葉地裁民事第2部(白石史子裁判長)で市東孝雄さんの耕作権裁判の弁論が開かれ、三里塚反対同盟と支援の労働者・農民・学生・市民が傍聴席を埋めてともに闘った。

 今回の法廷は主に書面のやりとりで終始したが、成田空港会社(NAA)はこの中で、今まではコピーだけを証拠提出していた「同意書」「境界確認書」の原本を裁判所に提出した。NAAが市東さんに「土地を明け渡せ」と迫る唯一の根拠は、この二つの文書に添付されている図面なのである。ところがそこに描かれている畑の位置は、市東家が耕してきた場所と違っている。

 また弁護団の聞き取り調査で、旧地主の藤﨑政吉はこの図面について「自分は関与していない」と明言した。さらに弁護団によって、二文書に書かれた市東東市さん(孝雄さんの父・故人)の署名は偽造されたものであることが筆跡鑑定の結果明らかになったのだ! NAA側は警察OBによる「筆跡鑑定」で反論を試みたが、まったく鑑定と呼ぶに値しないずさんでいんちきな代物だった。こんなもので農民が丹精込めて耕してきた農地を「不法耕作」呼ばわりし強奪しようとは、悪質地上げ屋を上回る犯罪行為だ。

 今回NAAは二つの文書の原本を渋々提出したが、当時の交渉記録、報告書といった多くの関連文書をまだまだ隠し持っている。弁護団は白石裁判長に対し、「文書提出命令」を出すよう重ねて求め、まともな釈明さえ行おうとしないNAAをさらに徹底的に追及する姿勢を示した。次回期日を10月29日(月)として閉廷。

 近くの会場で報告集会が開かれた。司会は伊藤信晴さん。最初に市東さんが傍聴への謝意を表しながら、「これからいろいろな証拠が出てくると思うので、弁護士さんとともに闘います」と簡潔に決意を語った。続いて葉山岳夫弁護士をはじめ弁護団が法廷の解説と発言を行い、民事第3部で進む行政訴訟・農地法裁判とともに、この耕作権裁判が開始から6年たって重大局面を迎えていることが明らかにされた。北原鉱治事務局長があいさつに立ち、「藤﨑政吉が最近亡くなり、法廷に呼び出せなくなったのは残念。三里塚は裁判闘争とともに現地闘争がものを言う」と一同に奮起を促した。

 動労千葉、関実、市東さんの農地取り上げに反対する会、群馬・市東さんの農地を守る会が連帯発言を行った。動労千葉の滝口誠さんは、10・1全面外注化攻撃との決戦に立つ決意を表した。最後に萩原進事務局次長がまとめの発言を行った。「国策、国益を真っ向から批判するわれわれの主張が今通じる時代だ。10万、20万と動き出した人びとへ大上段から訴えよう。全学連をはじめあらゆる階層の人びとが現地闘争に取り組んでほしい。その力を10・7三里塚全国集会に結集させよう」と熱を込めて訴えた。

★三里塚裁判スケジュール
◎市東さん行訴・農地法裁判
9月10日(月)午後1時30分開廷 千葉地裁
(渡辺清一・元千葉県農地課長の証人尋問)

7月24日(火)
今日の則子さん。今日から「禁食」~「重湯」になりました。
三里塚の野菜青空市 昼食は手巻き寿司 アボガド・エビ
鮪の中落ちとネギ ツナ・マヨ 昼食後、「前進」の読み合わせ
マンション掃除
3時のオヤツ スイカ
福島診療所・建設カンパ
夕食は新作、ツナ・なめ茸・生姜ご飯 半額のツクネと鶏皮の焼き鳥 赤魚の餡かけ
← 豆苗炒め


三里塚のジャガイモとタラコ和え →
150円の帆立の稚貝の味噌汁


8時半まで大討論


岡山・救う会です。
岡山からは、労組交流センター、マスカットユニオン、百万人署名の人々とともに、独自で結集した人と、広島の仲間と合流して、怒り!の岩国オスプレイ闘争に参加しました。
IWJの動画にデモが映っていました。
ニュース23に黄色い星野のぼりが映ってました

 だ  ん   け  つ  2012年7月24日
828
東京北部ユニオン 「街」分会
関町北4-2-11

電話 3928-1378
椎名さん 報告
カリフォルニア反原発ツアー (5)
 椎名千恵子さんは、7月11日サンタ・クルーズ、12日サンノゼ、13日Pt. Reyesと精力的にツアーを続け、予想を上回る参加者を得て、カリフォルニア州に大きな反原発の機運を巻き起こしている。13日には、地元のラジオ局のインタビューを受け、14日には、ソノマ郡で、オキュパイ・ボヘミアン・グローブという反核団体の集会で講演を行った。現地のネット上に掲載されている報告をもとに紹介する。

 なお、サンディエゴ、アーヴァイン、ロサンゼルスでの椎名さんの講演活動に関しては、8bitNewsが密着取材をしており、感動的なレポートを掲載しています。是非見てください。http://8bitnews.asia/wp/?p=2149#.T_0NMo4_FCd  
 7月15日には、サンフランシスコのバークレーで「『原発いらない福島の女たち』の椎名千恵子さんを囲んでの集い」がおこなわれ、サンフランシスコとその周辺から日系の市民30人ほどが参加した。日系人社会の間では、日本、特に福島の人々との連帯と支援の気持ちが強く、椎名さんの話に真剣に聞きいった。夜はレーバーネット主催のサンフランシスコ湾ボート・クルーズに参加し、サンフランシスコの労働者や労働組合員との交流を深めた。椎名さんは船内放送で百数十人のクルーズ参加者たちに福島からのアピールを行った。
 7月16日には、KPFAラジオ(サンフランシスコ湾岸の労働者・民衆自身が運営する放送局)で、福島の現実と診療所建設への支援について渾身のアピールを行った。ラジオ局で椎名さんの講演を聞いていた人々は、何度も大きな拍手で椎名さんの素晴らしいアピールにこたえた。

椎名さんのアピールの内容については、http://www.kpfa.org/archive/id/82463から「Click to Play」をクリックし、スライドを00:37:25ぐらいまで動かすと椎名さんの出番になります。約20分です。ぜひとも椎名さんの(福島の)渾身の訴えに耳を傾けてください。

 この日の夜は、レーバーネット主催の企画「原発と労働組合」に参加し、メインの発言者として、サンフランシスコの労働組合員や市民に福島からの訴えを行った。椎名さんのアピールは集会参加者の心をがっちりとらえた。

 椎名さんの発言は以下のレーバーネットのビデオを見てください。(T)

http://www.youtube.com/watch?v=rkhcVCtwyo8
http://www.youtube.com/watch?v=QNkzS9RMGlk
http://www.youtube.com/watch?v=94D5d2C95qw

第3誘導路裁判、農民追い出し
攻撃の本質を徹底弾劾
 7月17日、千葉地裁民事第3部(多見谷寿郎裁判長)で成田空港の第3誘導路許可処分取り消し訴訟の口頭弁論が開かれ、三里塚芝山連合空港反対同盟をはじめ、支援の労働者・学生・市民が傍聴に駆けつけともに闘った。

 この日の法廷は、ほぼ準備書面の手続きのみに終始したが、原告・反対同盟側が成田空港の反人民性、
公共性の喪失、第3誘導路の空港施設としての無意味、安全性の欠如、天神峰の市東孝雄さんを追い出す攻撃であることなどを全面的に暴き、突きつけたことに対し、被告の国・空港会社(NAA)はまともに反論できず、まったく逃げ腰であることが浮き彫りになった。

 閉廷後、弁護士会館で報告会が開かれた。
 伊藤信晴さんが司会を務め、最初に北原鉱治事務局長が発言に立った。北原さんは首相官邸前での原発再稼働への抗議活動が野田政権を揺るがしていることを確信をもって語り、あらためて反原発の闘いと一体で第3誘導路建設・農地強奪攻撃と闘いぬくことを明らかにした。

 続いて葉山岳夫弁護士が、前日の「さようなら原発」代々木公園17万人集会の熱気に触れながら、準備書面で被告らに対して「全面的な認否をしろ、釈明に応じろ」と突きつけたことを報告した。さらに弁護団一人ひとりが報告と決意を述べ、この中で、今年1月に急逝した鈴木謙太郎さんの訴訟継承について、国とNAAは「認めない」「訴訟終了宣言を出させるべき」などと主張していることが報告され、一同の怒りをかき立てた。さらに誘導路供用に伴って生じる市東さん、萩原進さんへの騒音・低周波被害を「予測してない」と居直っていることについて弾劾された。

 第3誘導路裁判次回は次回10月23日(火)。反原発闘争との合流をさらに進め、農民追い出し攻撃の誘導路工事を粉砕しよう!(TN)
【三里塚裁判スケジュール】
◎市東さん耕作権裁判
7月23日(月) 千葉地裁 午前10時30分開廷

大雨突き破り原発再稼働反対!
 第6波の秋田デモ
 6月に入り、首相官邸前を中心にしてついに5万、10万、20万人という人々が「原発再稼働反対!」の声をあげ始めた。全国の怒りの声につながって、秋田でもあきらめずに粘り強く取り組もうと、6月30日に実行委員会を開催。わずか2週間の準備期間であったが、7月15日14時からの駅前一周第6波デモアクションは、予想を超えて60名以上の参加者を得て闘われた。

 当日は雨の予報であり、デモ行進の直前から大雨がふりだしたが、これを突き破って「原発いらない! 再稼働反対!」のリズムコ-ルのもと、参加者全員が大声をあげて断固やり抜きました。
 デモが始まってまもなく「僕も入っていいですか!」と飛び入り参加の青年が出たり、隣を走る車の中からデモに合わせて拍手とコ-ルをする若いカップルが何組も出てきたり、歩道では携帯写メ-ルの列ができました。出発前の「一言アピ-ル」集会では、NHK-TVが張り付いて2度にわたって即日放映、地元新聞記者も熱心に取材して17日の記事に写真付きで掲載、ネット動画のIWJチ-ムは、デモ隊と一緒にずぶ濡れになりながらも一部始終を全国に配信してくれました。

 デモ後の交流会には、初参加の20代青年3名など25名が合流。その場では、県南にあるFMラジオチ-ムによる実行委員会事務局への実況録音取材があり、翌日の東京・代々木公園10万人集会に合流する代表有志を全体で送り出しました。野田を倒せ! 社会を変えよう! はいまや「ときの声」です。原発再稼働を絶対許さず、職場から地域からもっともっと団結をつくりだす決意です。(TK)

7月23日(月)
早朝から、オスプレイ搬入阻止で奮闘してます。
岩国基地に反対派が駆けつけています。沖縄と一体で本土の労働組合が立ち上がり始めています。
広島の星野救援会からの写真です。


三里塚芝山連合空港反対同盟 動労千葉 星野さんをとり戻そう!全国再審連絡会議 労組交流センター
動労千葉を支援する会
3・14法大弾圧を許さない法大生の会
北島邦彦の「すぎなみ未来BOX」
とめよう戦争への道!百万人署名運動

7月⑪へ 7月⑬へ
2012年日誌
inserted by FC2 system