日  誌
2012年4月④

4月③へ 4月⑤へ
2012年日誌
 トップの頁 目次の頁 →

東京北部ユニオン
 「街」分会 
ビデオ・ライブラリー

2012年・2011年 
2010年・2009年・
2008年・2007年


 被災地人民の怒りとともに民主党政権打倒!
 今こそ国鉄全国運動の発展を
 771号~(2012.4.1~)
751号~770号(2012.2.~3.30) 731号~750号(2011.10.~12.24)
  711号~730号(2011.10.~12.24) 691号~710号(2011.10.14~11.9)

スケジュール
国鉄闘争全国運動のホームページ
http://www.doro-chiba.org/z-undou/z-index.htm
NAZENブログは、こちら 福島診療所建設委員会ホームページはこちら

4月16日(月)
 

4月15日(日)
 

4月14日(土)
4.14反原発★反失業吉祥寺デモ(なきちデモちらし)
illustrated by Hide

<大飯再稼働>政治決断「妥当」 経産相14日福井へ 毎日新聞 4月13日(金)21時26分配信
 野田佳彦首相と枝野幸男経済産業相ら関係3閣僚は13日夕、定期検査で停止中の関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働問題について、首相官邸で6回目の協議を行い、再稼働を妥当と判断した。2基が政府の決めた「安全性の判断基準」を満たしていると最終確認し、関電管内の電力不足を緩和するために再稼働が必要と結論づけた。政府は14日に枝野氏を福井県に派遣し、西川一誠知事らに再稼働への理解を求める考えだ。

【大飯原発・再稼働問題】ぶれ続ける政府方針

 会合終了後に会見した枝野氏は「(大飯原発の)3、4号機が三つの判断基準を満たしていることを確認した。非常に厳しいレベルの電力不足に直面していると言わざるを得ず、再稼働の必要性が存在すると判断した」と述べ、大飯原発の安全性と必要性を強調した。

 会合には藤村修官房長官、細野豪志原発事故担当相らが出席した。関電が9日に提出した中長期の安全対策の実施計画(工程表)などについて、政府の「安全性の判断基準」に沿っていると確認した。原発事故が発生した時の国と電力会社、地元自治体との連絡体制の強化などの取り組みも着実に進んでいるとした。

 さらに、経産省資源エネルギー庁が、関電の全原発が停止した場合の夏場の電力供給不足の割合を最終的に18.4%と提示。枝野氏は「突然の電力不足は特に社会的弱者に深刻な事態をもたらす」と危機感を表明。「楽観論に終始し、結局、電力供給が足りなかったでは許されない」と述べた。また、電気料金についても「今の状況では遠からず(関電管内でも)値上げをお願いせざるを得なくなる」と強調した。

 政府が再稼働の妥当性を判断したことで、枝野氏は14日、福井入りする。政府は、今夏の電力需要期に、工場の稼働など国内経済と国民生活に大きな影響を与えかねないことなどを懸念しており、最終的には県やおおい町などの一定の理解を得た上で、再び関係閣僚会合を開き、再稼働を最終決定したい考え。枝野氏は商用原発で唯一稼働中の北海道電力泊原発3号機(北海道泊村)が停止する5月5日までの再稼働にこだわらない姿勢も示した。

 これに対し、福井県の西川知事は「再稼働は、国が福島第1原発事故の知見を反映した暫定的な安全基準を示すことが大前提だ」と主張してきた。これを踏まえ、首相と3閣僚は「安全性の判断基準」をまとめたが、西川知事はこの基準や首相らの議論について評価を明らかにしていない。また、福井県に隣接する京都、滋賀両府県は再稼働に慎重で、電力供給を受ける大阪府・市は反対姿勢を強めている。

 当初4月に予定した原子力規制庁の発足が遅れる中、3日の初会合から10日余りで再稼働妥当と判断したことへの「拙速」批判もあり、再稼働決定に向け、政府は引き続き難しい政治判断を迫られることになる。【小倉祥徳】
4.11日比谷原発いらない再稼動やめろデモ @movie
野田首相らが関西電力・大飯原発3、4号機の再稼働に向けた地元「説明」への動きに地元・関西でも反対のデモが各地で行われ4月11日に東京日比谷公園からも首相官邸と東電本社への集会とデモが闘われた。集会には600人を超える労働者、学生、市民が参加。雨の中を「枝野行くな」「再稼動許さん」の声が官邸と東電にたたきつけられた。

4月13日(金)
 星野さんをとり戻そう!全国再審連絡会議
まだまだありました!障害者自立支援法の法内施設になってからのゴタゴタ!!

「街」もやっと、就労継続支援B型の事業所となり、たくさんの契約書、個別支援計画書、利用予定表・・・・山のように書類を作りましたが、まだ、解決しない事務手続き上の難問がありました。

事業所ごとの「報酬請求」に必要な「ID,パスワード」がまだ、行政から送られてきていないのです。

担当部署に何度か問い合わせたり、催促したりしましたが、「まだ、東京都から、認定情報が送られてこないので」と、担当者が言うばかり。

よほどたくさんの事業所から同様の問い合わせが殺到しているらしく、回答するほうも“私たち担当者もみんな、困っているんです”という。

わかったことは、4月末に、事業所に「ID,パスワード」が送られてくる、ということ。

それから、そのパスワードを使って、やっと事業所自体のデータ入力、二十数人分の利用所の個別データ入力、請求業務に必須の「電子証明書」発行手続き(この発行待ちだけで数日費やす)、そしてやっと、国に対しての「報酬請求」の手続きに入ります。

しかも5月10日までにこの請求業務を完了しないと、私たち、事業所に「4月分の報酬」が入金されない仕組み。締め切り後の送信は、アウト!(コンピューターによる、電子請求ですから、時間には厳しい。待ったなしです。)

5月は連休があるというのに!

4月末から手続きを開始して、いったい何日間でこれらを仕上げなけりゃいけないのか!!?!

福祉労働者に労働強化を強いる、めちゃくちゃな話です。

これだけでも、怒り爆発!全国の福祉労働者!一緒に怒りましょう!!

 

4月12日(木)
西山監督、出発
アッキー差し入れのサンマ 今日も三里塚の青空市
昼食は讃岐うどんで… 残りのケンチン汁でうどん
差し入れのサンマ サブちゃん登場
3時のオヤツ
夕食は差し入れのワラサ(ブリの子)で
バターソテー、オロシ大葉ポン酢
フルーツ・トマト
寄せ豆腐 三里塚ののホウレン草のおひたし エッちゃん登場
地元の支援者も登場。

明日の星野集会に参加するとか。

徳島ビデオを観ながら、

再審棄却に怒りの涙
本日、「原発ゼロへ!止めよう再稼働 4・11アクション」!
3・14法大弾圧を許さない法大生の会のブログから転載
ただいま日比谷公園!まもなくデモ出発です!
日比谷デモ中!
枝野は福井に行くな!
再稼働阻止!
デモ中2ただいま国会前!
デモ中3
原発再稼働阻止! 4・19法大闘争へ!
デモ終了!

 

三里塚芝山連合空港反対同盟 動労千葉 星野さんをとり戻そう!全国再審連絡会議 労組交流センター
動労千葉を支援する会
3・14法大弾圧を許さない法大生の会
北島邦彦の「すぎなみ未来BOX」
とめよう戦争への道!百万人署名運動
4月③へ 4月⑤へ
2012年日誌
inserted by FC2 system