日  誌
2012年12月⑩


12月⑨へ 12月⑪へ

2012年日誌

 トップの頁 目次の頁 →

東京北部ユニオン
 「街」分会 
ビデオ・ライブラリー

2012年・2011年 
2010年・2009年・
2008年・2007年
沖縄料理店「チャンプルー街」
ライブ・ライブラリー
            
古いビデオが出てきたので、少しずつ掲載していきます
“国鉄闘争の火をさらに大きく” 
被災地・福島と固く結び
職場闘争で資本の支配を打ち破る
国鉄闘争全国運動の発展を!
 871号~(2012.11.5~)
851号~(2012.9.19~.11.3)
831号~(2012.7.27~9.18) 811号~830号(2012.6.26~7.26)
791号~810号(2012.5.18~6.26) 771号~790号(2012.4.~5.17)
 751号~770号(2012.2.~3.30) 731号~750号(2011.10.~12.24)
  711号~730号(2011.10.~12.24) 691号~710号(2011.10.14~11.9)
671号~690号(2011.9.11~10.12) 651号~670号(2011.8.11~9.10)
国鉄闘争全国運動のホームページ
http://www.doro-chiba.org/z-undou/z-index.htm
NAZENブログは、こちら 福島診療所建設委員会ホームページはこちら

スケジュール

12月22日(土)

  

            
    
「街」の忘年会は、 午後4時~6時
 
東京北部ユニオンの忘年会は、 午後6時~8時

 参加費 1.000円  

12月18日(火)
朝の太極拳 昼食はケンチン汁
鯵の干物 三里塚の青梗菜のおひたし
昼食後は、「前進」の読み合わせ。選挙情勢をどう考えるか、この数日に出た
資料をもとに徹底・討論!
下仁田ネギの差し入れ 熊本産・長~いナス 今秋の福島野菜(果物)
店前の「前進」壁新聞 寄付のお洒落コート
夕食は下仁田ネギで「ネギ鍋」
キノコのオリーブ漬け、2日目 豆苗炒め

動労千葉鉄建公団訴訟第1回控訴審@movie
闘う労働運動の再生と巨万の大衆行動こそ社会を変える力! 
動労千葉を支援する会のホームページから転載

衆議院選挙が行われ、自民党・公明党で325議席を占める結果となった。

 この選挙結果には、労働者人民の様々な怒りが込められている。今回の選挙で、まず2009年の政権交代選挙でのマニフェストを踏みにじり、やらないと言っていた消費税増税を強行し、原発再稼働を強行した「うそつき民主党」に対する労働者人民の怒りの鉄槌が下された。それが、民主党の壊滅的惨敗となった。

 だが、自民党を支持してこのような結果となったわけでもない。それを示すのが、投票率の低さだ。小選挙区の確定投票率は59.32%となり、戦後最低を記録した。前回の衆議院選挙より約10%の激減だ。4割の労働者人民が、民主・野田、自民・安倍、維新・石原=橋下などによる戦争・改憲、原発再稼働、消費大増税、TPPなどの反動政策を競い合うことに怒りをもって、投票をボイコットしたということだ。

 しかも、小選挙区制という「詐欺的な選挙制度」によって、「自民圧勝」が可能となった。自民党は約4割の得票で、約8割の議席を得たのだ。自民党の得票数も、政権を失った2009年総選挙からさほど変わっていない。「詐欺的な選挙制度」の結果、小選挙区で第一党となった自民党が大量の議席を得たにすぎない。労働者人民は、けっして自民党を積極的に勝たせたわけではないのだ。

 だから、圧倒的議席をえたはずの自民党の安倍は笑顔など全くなかった。労働者人民の奥深い怒りがマグマのようにたまっているのだ。自民党も、民主党のようなことをやれば、即座にたたき落とされる恐怖を感じているということだ。

 政権を握った自民党・安倍は、戦争・改憲、原発推進、消費大増税の強行、TPP、外注化・民営化・非正規化を進めるだろう。それは絶対に許せないものだが、労働者人民にとっては絶望ではない。こんな政策を進めれば進めるほど、資本家階級とその手先である国家に対する労働者人民の怒りが爆発する。資本家階級と労働者階級の階級対立は激しく激化し、革命的情勢はますます成熟していく。

 世界大恐慌の爆発と3・11東日本大震災と原発大事故の中で、政治家たちに頼るのではなく、自分たちの力で社会を変えると、膨大な人たちが反原発闘争にたちあがっている。

 支配階級や、あらゆる資本主義擁護の勢力は、今回の衆議院選挙において、開始された反原発闘争を資本主義の体制の枠の中に押しとどめようとした。だがこれは根本的に破たんしている。今後、反原発闘争や外注化阻止・非正規職撤廃の闘いは、体制の枠をこえて激しく爆発するだろう。なぜならば、それはもはや、「命のかかった闘い」となっているからだ。

 今回の総選挙で、あらゆる政党が「景気対策」などをふりまいた。だが、これから世界大恐慌は本格的に爆発する。資本主義の矛盾が全面的に爆発する時代だ。それは逆にいえば、資本主義を打倒するチャンスの到来である。

 今後、自民党による政治支配はただちに破たんに直面していくのは間違いない。日本帝国主義の体制的危機はハンパではない。資本主義の体制の枠の中で、なんとかしようとも、それは絶対に解決できない。

 求められているのは、資本主義社会を根本的に打倒し、労働者が主人公の新しい社会をつくりだすことである。「命よりも金儲け」という腐りきった資本主義、労働者の労働力を商品化し、資本のカネもうけの手段とする資本主義、そのためならば戦争も原発もやる資本主義。この破たんした社会を根本から変革する時が来たのだ。

 問われているのは、闘う労働運動の再生であり、霞が関・永田町を占拠する100万人の大衆行動だ。

 民主党の惨敗によって、民主党を支えてきた連合という腐った労働組合も激しい危機に直面している。職場・生産点から、闘う労働組合をつくりだしていくことが必要だ。

 労働者人民は、選挙で一票を投じるだけの存在ではない。政治家なんどにまかせるのではなく、一人ひとりが社会の主人公になるべく社会を変革する主体だ。

 労働者の解放は、労働者自身が闘って勝ち取るのだ。
 外注化阻止・非正規職撤廃、反原発闘争を闘って、職場から闘う労働組合をつくりだそう!

動労千葉を支援する会・習志野

総選挙の結果から見えること 2012年12月16日 | 日記
北島邦彦の「すぎなみ未来BOX」のブログから転載
 衆院選の結果を商業新聞の見出し風に言えば、「自民圧勝、民主壊滅、維新伸長…」といったところでしょうか。この結果からわかることは、日本の政治はいよいよ後のないどん詰まりにきたということです。

 政治・経済・社会…あらゆる分野での自民党政治の矛盾が、とりあえずの民主党政権を生み出し、当然ながらそれが破産したところで迎えた総選挙でした。そこで議会制度―選挙制度的には自民党に先祖返りするしかない…これがさらなる大破産をもたらさずに済むわけがありません。その意味で「どん詰まり」です。「憲法変えて戦争やるしかない」…これが安倍自民党の政権復帰だし、橋下―石原維新登場の意味するところでしょう。脆弱さと凶暴さという日本帝国主義のありようが、これまでを数層倍する形で表面化してくるはずです。階級闘争の正念場がやってきます。
山本太郎さんはよく獲りました。本物の労働者の党が必要です!
    全学連福島ブログ

12月17日(月)
月曜日は医者三昧の日。

昼は、げんこつらーめん。
ラーメン花月嵐では自社で各店舗
ランキングしている。
「優」~「害」(?!)まで7評価。
武蔵関店は3番目の「並」ランクが
入口に貼ってあった。
「並」未満は公表しないとのこと。

以下、「悪」や「害」など4ランクも
あるという。
ランキングと言いながら
このまずさは、なんだ。

ラーメン花月嵐は…「害」ランク。
沖縄バヤリース労組物販、
イカ墨ジューシー
昨日の残りのイシモチを汁に
三里塚の青梗菜とカブを差し入れの
ハムで炒める
調剤薬局の待ち時間で見たレタスクラブ
の一品。キノコのオイル漬け
鱈とポテトの炒め
  全学連福島ブログ
IAEA抗議行動(前半)福島県庁申入れ行動@福島市(動画13分)
「たみとや」のホームページから転載
ふくしま共同診療所へたみとやカンパ6万8千円

三里塚芝山連合空港反対同盟 動労千葉 星野さんをとり戻そう!全国再審連絡会議 労組交流センター
動労千葉を支援する会
3・14法大弾圧を許さない法大生の会
北島邦彦の「すぎなみ未来BOX」
とめよう戦争への道!百万人署名運動
12月⑨へ 12月⑪へ

2012年日誌
inserted by FC2 system