日  誌
2012年10月⑰

10月⑯へ 10月⑱へ
2012年日誌

 トップの頁 目次の頁 →

東京北部ユニオン
 「街」分会 
ビデオ・ライブラリー

2012年・2011年 
2010年・2009年・
2008年・2007年
沖縄料理店「チャンプルー街」
ライブ・ライブラリー
            
古いビデオが出てきたので、少しずつ掲載していきます

国鉄闘争の火をさらに大きく” 
被災地・福島と固く結び
職場闘争で資本の支配を打ち破る
国鉄闘争全国運動の発展を!
831号~(2012.7.28~) 811号~830号(2012.6.26~7.27)
791号~810号(2012.5.18~6.26) 771号~790号(2012.4.~5.17)
 751号~770号(2012.2.~3.30) 731号~750号(2011.10.~12.24)
  711号~730号(2011.10.~12.24) 691号~710号(2011.10.14~11.9)
671号~690号(2011.9.11~10.12) 651号~670号(2011.8.11~9.10)
国鉄闘争全国運動のホームページ
http://www.doro-chiba.org/z-undou/z-index.htm
NAZENブログは、こちら 福島診療所建設委員会ホームページはこちら

スケジュール


10月30日(火)
恒例になりつつある、朝の太極拳「24式」
昼食はハネやん牛丼 焼き豆腐も入ります マロニーちゃんも入ります
 昼食後は、「前進」の読み合わせ。1面の後、2面の「動労水戸・大子支部の
座談会」を各自が支部員を演じて読み合わせ。とてもリアルで良かった。
今週の福島野菜
福島診療所・建設カンパ、この間、

余り増えてないけど、カンパしてくれる

地域の人がいます。

もうすぐ75万円。

年内に100万円、達成するぞ!
夕食は、焼餅 1匹63円になったサンマ焼き サンマのナメロー、150円ぐらい
椎茸・シメジ・舞茸のスープ 特価、エビ餃子 五目厚揚げ
ナスの漬物 差し入れの酒は明日飲もう! 今夜も、11・4集会に向け交流会
  沖縄学生のアピール!!
3・14法大弾圧を許さない法大生の会のブログから転載
 私は沖縄から毎日3・14法政ブログを見ています。武田さんへのスピード処分に唖然としました。
 法大闘争の先輩方が停学処分や退学処分を受けているのを知っていたので、私としては処分というものに慣れていた気になっていたのですが、実際に毎日ブログで活動を見ていた武田さんへの不当処分が目の前で行われるのを見て、こんなにもあっさりと、簡単に学生を切り捨てるのかと、愕然としました。

 よく、教育の民営化を表す言葉で、「学生はサービスを受けるためだけの『消費者』だ」なんて言いますが、私はその表現はまだまだ生ぬるいと思いました。大学が簡単に学生を切り捨てる態度には、「消費者」というより、「原材料」という表現の方が適切だと思います。「学生という原材料を仕入れ、加工して卒業証書という保証書をつけて企業へと送り出す」、そして少しでも規格に合わない、命令にしたがわない「原材料」があれば捨てる、今の大学を表している処分だと思います。

 こういった権力の横暴は沖縄にもあります。復帰後最大の県民大会から一カ月もたたないうちにオスプレイが配備され、沖縄の民衆の思いは裏切られました。私は、法大に抗議する武田さんと沖縄でオスプレイをにらみつける私の思いを勝手に重ね合わせていました。オスプレイは私の家の近くでは少なくとも午前中に3回は飛びます。本当にうるさいし、オスプレイに合わせて、違う戦闘機もたくさん飛んでいます。

 戦闘機が増えているのと、今までほんの少しは沖縄の顔をうかがっていた日米政府が完全に沖縄を無視してオスプレイを配備したり、戦闘機の訓練が増えたりするのを見ていると、本当に数年後には戦争が沖縄から始まるんじゃないかと思ってしまします。そして、さかんに行われる大学の学生運動つぶしを考えると、本当に戦争のにおいがキツくなってきます。
 そんな意味でも、法大で闘う武田さんは、私にとって本当に勇気づけられます。武田さんは、今、全国の学生にとってとても大きな存在であると思います。武田さんの怒りは全国学生の怒りだし、武田さんへの不当処分は全国学生への不当処分です。

 武田さんの思いに答えるべく、私も沖縄から、学生が社会に対抗する母体となる学生自治会を復権するために闘います。
 そして11月4日の全国労働者総決起集会に参加したいと思います!! たくさん自由と闘志のエネルギーをもらいに行きたいと思います!!
  法大生のアピール!
 10月19日の法大デモは確かに歓声のような声も聞こえてましたね。
デモの様子も少し拝見しましたが、全方位を警察が取り囲んでいるのは驚きました。

11月4日の集会に、ワーキングプアの実情を知りたい、さまざまな立場の労働者の方々の主張を聞きたい、社会の実情を知りたいので参加します。
  東北大1年生の11・4集会結集アピール!
  新自由主義の宗主国であるアメリカで生まれたワーキング・プアという言葉が日本でも見られるようになって久しい。この十年で、若年層を中心として全労働者の四分の一が年収200万円以下になり、資本主義の絶望的延命のため維持困難となった社会保障制度は無慈悲に切り捨てられつつある。こんな社会では私たちは生きていけないし、闘って変えなくてはいけない。11月4日の労働者集会は新自由主義と真っ向から対決する集会です。学生も連帯し、大結集を勝ち取ろう!

 ところで私たちが日々過ごすキャンパスもこの新自由主義の毒に侵されている。10月19日に法政大学で学内から学祭規制反対の決起が起きたが、大学当局は当該の学生に「無期停学処分」を下した。新自由主義が大学にも蔓延り学生を物として見るようになったからこそ、このような許し難い処分が下せるのだろう。しかし天網恢恢、疎にして漏らさずという言葉がある。法大当局には天罰が下って、死んだら全員地獄に堕ちると思う。
フォックスコン太源工場で大規模抗議発生

【新唐人2012年9月25日付ニュース】9月23日と24日、iPhone5生産工場のフォックスコン太源工場で大規模暴動が発生し、2000人以上の従業員が参加し、­約40人が負傷しました。24日工場は操業を停止しました。iPhone5の供給に影響は出ないのでしょうか。本日のマイクロニュースです。

微博によると、9月23日夜10時から24日午前3時に半かけて、太源フォックスコンで警備員が従業員を殴った事が怒りを買い、2万人を超える従業員が警備員を追い出しま­した。地元の警察も局面を制御できず、結局機動隊が工場に入り、工場も一日操業停止となりました。

ネットユーザーによると、太源フォックスコンの全ての扉が破壊され、スーパーも破壊され、警備員は全員逃げ出したそうです。警務室も破壊され、パトカーも16台壊され、う­ち警察の死傷者が8人で、300人の武装警官が出動したものの全滅した。

また他の情報によると、23日夜9時過ぎから24日午前5時40分過ぎになって、やっと収まり、数千人の武装警官が導入され、軍隊まで動揺したそうです。

各ルートからの情報をまとめると、河南出身の従業員が宿舎に入るとき、IDカードを提示しなかったとして、20数人の警備員が4人の従業員を殴打し、1人が入院したことで­抗議活動がエスカレートし、2万人の大規模抗議へと発展しました。現場に着いたばかりの300人の武装警官隊は「全滅」したそうです。

今回の大規模抗議はフォックスコン従業員の長い間積もった鬱憤の大爆発です。フォックスコンの中国工場では軍事化管理が行われており、外界に疑問視されています。今回の抗­議によって、iPhone5の生産に影響が出ないのかみな疑問に思っています。

フォックスコンの中国での工場はずっとトラブルつきです。ネットユーザーによると、「安徽、河南の工場は人手不足で、省政府は20万人の労働者不足を解決するため、各地に­命令を出した。今回また太源で暴動が起き、内陸部への移転は疑問だ」

フォックスコンのトラブルからわかるように、中共の人口政策によって労働力不足を招いています。中共数十年の所謂「発展」は中共の功労ではなく、中国人が苦労に耐え忍んだ­結果です。一旦中国の労働力コストが上がり、労働力が不足に陥ると中共の所謂「発展」も終わりです。

今日のマイクロニュースはここまで。

http://www.ntdtv.com/xtr/gb/2012/09/24/atext769222.html.(中国語)
(翻訳/坂本 映像編集/工)

10月29日(月)
夕食は豆腐チゲに喜多方ラーメン入り


お赤飯の残り
鶏胸肉のバター大葉ソテー


三里塚のピーマンを

バシルソーセージ、エリンギと炒めて

万国の労働者の団結した力で新自由主義に立ち向かおう!

動労千葉を支援する会のホームページから転載

11・4反原発・反失業の国際統一行動

2012年 万国の労働者団結せよ!11.3国際連帯集会

 だ  ん   け  つ  2012年10月29日
868
東京北部ユニオン 「街」分会
関町北4-2-11

電話 3928-1378
札幌で国鉄闘争全国運動の
10月集会が画期的成功
 10月21日、国鉄闘争全国運動・北海道の主催で、北海道総決起集会が開催され、昨年を上回る結集で大成功しました。

 集会は、司会あいさつに続いて、呼びかけ団体の自交総連北海道地連の労働者から、「日航も国鉄と同じ安全を無視した組合つぶし。他人ごとではない。原発事故では国家も裁判所もみんなグル。子どもの未来を大切にしないような国はあってはならない。だから団結して闘おう」との訴えがありました。
 国労旭川闘争団の成田さんは、「故郷の地・北海道の国鉄集会で発言するのは感無量」と語った上で、「4・9政治和解」を徹底的に弾劾し、国鉄1047名解雇撤回闘争を、筋を通して闘い抜く決意を明らかにしました。その上で、青年労働者の決起を先頭に10・1外注化阻止の闘いが爆発し、動労千葉への6・29判決が示すように、国鉄分割・民営化を根底からくつがえす展望が切り開かれていることを報告、11・4日比谷で会いましょうと結びました。

 大阪から駆けつけた教育労働者は、6・19橋下打倒闘争への北海道からの結集に感謝の意を表し、この春の卒業式闘争の経過を中心に闘いの前進を報告してくれました。橋下の攻撃が、公務員全員解雇・非正規化による団結破壊・労組破壊であることを見すえ、処分を恐れぬ闘いを打ちぬくことが団結を強化していく道であると強調されました。

 基調提起に立ったタクシー労働者は先ず、職場の闘いで団結を拡大し、この集会に同じ職場の組合員が多数参加していると報告しました。そしてタクシーでの急激な賃金の低下が、新自由主義攻撃とその破綻の結果である世界大恐慌によるものであり、今や全世界で新自由主義に対する労働者階級の反乱が燃え広がっていることを明らかにしました。さらに新自由主義の下では労働者だけでなく学生も高齢者も、誰もが生きられないことに多くの人が気付き始め、反原発の闘いの爆発が示すように「根本的な体制変革」が始まっていることを強調しました。具体的には、まともに列車を走らせることが出来なくなったJR北海道の現実も実は外注化が原因であり、動労千葉・動労総連合に続いて外注化阻止の闘いにともに立ち上がろうと訴えました。また、経済界が泊原発再稼働への動きを強めていることに対して、街頭だけでなく、タクシーでの取組みを紹介して職場から反撃していこうと呼びかけました。

 これを受けて自治体、NTT、電機、非正規などの仲間が次々と闘う決意を明らかにし、最後に司会の労働者からの11・4総結集の提起を受けて集会を終えました。(北海道・JS)



 


三里塚芝山連合空港反対同盟 動労千葉 星野さんをとり戻そう!全国再審連絡会議 労組交流センター
動労千葉を支援する会
3・14法大弾圧を許さない法大生の会
北島邦彦の「すぎなみ未来BOX」
とめよう戦争への道!百万人署名運動
10月⑯へ 10月⑱へ
2012年日誌

inserted by FC2 system