日  誌
2012年10月⑭

10月⑬へ 10月⑮へ
2012年日誌

 トップの頁 目次の頁 →

東京北部ユニオン
 「街」分会 
ビデオ・ライブラリー

2012年・2011年 
2010年・2009年・
2008年・2007年
沖縄料理店「チャンプルー街」
ライブ・ライブラリー
            
古いビデオが出てきたので、少しずつ掲載していきます

国鉄闘争の火をさらに大きく” 
被災地・福島と固く結び
職場闘争で資本の支配を打ち破る
国鉄闘争全国運動の発展を!
831号~(2012.7.28~) 811号~830号(2012.6.26~7.27)
791号~810号(2012.5.18~6.26) 771号~790号(2012.4.~5.17)
 751号~770号(2012.2.~3.30) 731号~750号(2011.10.~12.24)
  711号~730号(2011.10.~12.24) 691号~710号(2011.10.14~11.9)
671号~690号(2011.9.11~10.12) 651号~670号(2011.8.11~9.10)
国鉄闘争全国運動のホームページ
http://www.doro-chiba.org/z-undou/z-index.htm
NAZENブログは、こちら 福島診療所建設委員会ホームページはこちら

スケジュール
10月26日(金)
「ヨッシー」ライブ
2006.5.10 発売! 
昔のライブ
午後6時半くらいから
「街」  入場無料
「ヨッシーとジュゴンの家」
ホームページ


10月24日(水)
福島と三里塚の野菜 アメリカのジャックダニエル青年
マンション掃除 差し入れ
昼食はハネやん特製野菜チャンプルーそば。中国のパン?大花巻 鮭・高菜チャーハン
マンション掃除 3時のオヤツ
夕食は三里塚ののピーマンとエリンギ炒め。寄せ豆腐 三里塚のカブのスープ
ハマチの叩き 三里塚の京菜と柿のサラダ
ジン・トニック ブーちゃん、高い。高~い
みんな酒を飲むと、楽しい顔
夕食後の交流会

11・4集会実行委での動労千葉・田中委員長の訴え!

DC通信・11・4集会のホームページから転載
10月13日、東京都内で行われた11・4労働者集会の第3回実行委員会での動労千葉・田中委員長の訴えです。


 われわれが力を奪い返せば、時代が動き出す。11・4の1万人結集の力で、社会を変える勝負に踏み出そう。

 解雇撤回・JR復帰の署名は、国鉄分割・民営化に決着をつける運動であり、11・4組織化のために使ってほしい。

 闘う労働組合の組織拡大大会として、11・4をかちとろう。関西生コン支部がやっている闘いを全員が、全職場でやろう。

 労働者の現状、あきらめに負けずにわれわれが火の手をあげて立ち向かうこと、全職場で立ち向かうこと。立ち向かう前に負けているのではないか。立ち向かって負けているわけではない。

 関西生コン支部にできたことは、みんなできる。関西生コン支部も、一人一人の労働者。

 国際連帯の闘いも発展している。民主労総ソウル本部が動労千葉の外注化決戦に連帯メッセージをよせてくれた。ソウル本部は、「動労千葉はこの闘いでつぶれるかもしれない」と思い、連日、韓国の日本大使館前で闘争をやってくれた。

 民営化・外注化・非正規職化は、全労働者の闘い。動労千葉の闘いが韓国で共感されて、日本で共感されないはずはない。

 ILWU(国際港湾倉庫労働組合)ローカル21も、組織ぐるみで11・4に参加することが決まった。ドイツからは、機関士労組の代表が参加する。

 社会のどこから怒りが噴出するか分からない時代。この怒りをまとめあげるのは労働組合の力。
 この力をつけるのが11・4集会。力をつければ全部が生きてくる。

 情勢の変化。ついに負の連鎖が働き始めた。EUの財政破綻が、中国や全世界に影響を及ぼしている。資本主義は奈落の底へ。リーマン・ショックから4年。回復したというのは大?。パンドラの箱があくのは、これから。敵が弱まって崩れる。労働者が力をもてばいい。

 ギリシャでゼネストが闘われ、インドネシアのゼネストでは派遣法反対を掲げている。我々と同じ。日本の労働運動を何とかしないといけない。闘いが始まるのはこれから。

 だから、領土問題での激突が起きている。きっかけは、石原が都で買い取る宣言をしたこと。しかし、もっと大きなきっかけは、米帝が対中国の軍事戦略にシフトしたから。これに日本も加担していく。戦争やっても生き延びるために、労働者を分断し、国家主義・排外主義をあおる。こうなっていったら、戦争が起こる。
 世界の労働者に国境はない。

 自民党総裁選挙で、安倍と石破が台頭。民主党と連合の崩壊。連合の危機。連合はもっと右に行く。しかし、現場はおさまらない。闘う労働組合が息を吹き返すチャンス。

 橋下も支持率はボロボロ。崩れているのは、敵の側。

 われわれが力を持つこと。敵は究極の新自由主義に突っ走るしかない。丸ごと民営化。
 しかし、これはガタガタに崩壊している今の社会のさらなる崩壊。こういう中でこそ、労働者が団結を取り戻す条件が出てくる。

 郵政の青年から話を聞いて、年賀状の自爆営業のノルマは、7千枚だという。限界を超えている。これが闘争にならないはずがない。20万~30万円の自腹が当たり前という。しかも、7千枚が特別じゃない。これは新自由主義がもたらしたもの。売れないと追及されるという。自殺やうつになる。怒りをもたないはずがない。学校のいじめ問題も同じ。

 人間が生きていくすべを破壊するのが競争原理。
 労働組合を腐らせるのが新自由主義。

 反原発も金曜行動が今も続いている。労働者が立ち上がりはじめた。原発事故が歴史的事態だったということもあるが、ウソにウソを塗り固め、事故収束宣言をし、福島を被曝にさらす政府の正体、国家の正体がさらけだされた。

 これまでも、「競争すればうまく行く」というウソが言われてきた。
 全世界でうつ病が3億数千万人。人間が人間として生きていくことが破壊されている。資本主義は終わりだ。だから、労働組合にこだわること。
 
 この間の動労千葉の闘いについて。みなさんの応援があって、闘いを続けられた。動労千葉はこれからも闘う。

 10・1外注化は強行された。強がりとして言うのではなく、こんな攻撃は粉砕できる力をもっていること、労働者や労働組合が持っていることを、確信した。動労千葉の組合員に教えられた。

 千葉支社が外注化提案をしてきた時、外注で放り出す仕事に組合員をつけようとした。これに対する指名ストライキを闘い、出向説明会にも説明会を拒否する指名ストライキを闘ってきた。強制出向91人のうち、動労千葉は44人。半分が動労千葉だ。

 組合員からは、「ストライキは、職場から逃げているようだ」という声があがった。東労組をまきこんだ闘争をしないとダメだ。職場で当局追及行動をがんがんやって、ストライキに入った。組合員からは、「こういう闘いがやりたかった」と言われた。幕張だけでなく、京葉や習志野、上総一ノ宮など職場に数人しかいない職場でも追及行動とストライキをやって、8つの職場でやりきって、これで勝ったと思った。

 下請け会社にものりこんで、下請け会社の労働者も組織して、現場の闘いで決着つける。
 組合員の「職場で闘いたい」という声で、波状ストライキを闘った。昼までは職場で闘って、昼からストライキ。一人で3、4時間当局を追及し、10時間追及した組合員もいる。

 外注化と、それに対する闘いで職場がガタガタになった。「こういう闘いがしたかった」という声。外注化だけは絶対に許せない。今でも、こういう抵抗闘争が続いて、職場はガタガタになっている。

 この闘いは何か。原点に返らないといけない。国鉄分割・民営化以来、労働運動は後退した。しかし、これだけ言っているだけではすまない。闘う労働組合を復権することを自分の職場で示すことだ。労働者が生きていけないのは、民営化・外注化・非正規職化が進んでいるからだ。国鉄は民営化で、20万人が首を切られた。この時は、7つの会社に民営化されたが、第二の分割・民営化は東日本だけで数百の子会社にバラバラにされる。鉄道の安全の崩壊、雇用の崩壊、団結破壊だ。

 民営化で雇用の破壊、これを労働組合が認めてきた。これと闘えないで、非正規職撤廃は嘘だ。

 民営化・外注化と立ち向かうことで、労働運動は復権できる。外注化決戦でそれを示したい。12年間、外注化と闘ってきて、闘いの意志は打ち砕かれていない。闘う意志はなおも持っている。

 国鉄分割・民営化の時も、動労千葉が闘うのは無謀だと言われた。しかし、動労千葉は闘って、団結を守った。
 12年間、外注化と闘って、ここで踏ん張って団結を拡大すれば、敵の側が崩れる。
 11・4集会で、現場の闘いと全国の闘いと結合させよう。

 外注化決戦は、第二ステージに入る。今度は、転籍、非正規職化との闘い。賃金破壊など、粉砕してみせる。その出陣式が11・4集会。外注化阻止決戦は、国際的につながっていくことを、現実の闘いが示している。

 千葉鉄道サービスを丸ごと組織することはできる。もう、当局はビビッている。
 階級的労働運動復権にむけた、第二ラウンドへ。JR本隊と下請け労働者の両方を組織する。
出向差し止め訴訟もある。偽装請負で、この裁判に勝ったら、どうなるのか?
 さらに、御用組合を解体する。

 動労千葉の鉄建公団訴訟の6・29判決は、国鉄分割・民営化から25年間闘ってきて、打ち破れなかった国鉄改革法の壁を打ち破り始めた。国鉄とJRは法律上は別だとされた。そして、国鉄から全員が解雇され、JRに採用の自由があるとされ、選別採用された。これを法律で認めている。これを当たり前だと思ってはいけない。葛西(現JR東海会長)は、「こんなことが出来ると、目からウロコの思いで聞いた」と言っている。最高裁の裁判官がこういうやり方を思いついた。
 この国鉄方式が、社会に蔓延した。社保庁解体でも同じやり方がされ、呉交通も全員解雇され広島電鉄に選別採用された。

 これを打ち破ることは、非正規職化の根幹を打ち破ることになる。民営化される時に、解雇されることを打ち破ることができる。

 国鉄改革法を打ち破り、国鉄分割・民営化に決着をつける新たな闘いを11・4で開始する。100万支援陣形を、われわれの闘いで再団結させよう!


 だ  ん   け  つ  2012年10月24日
866
東京北部ユニオン 「街」分会
関町北4-2-11

電話 3928-1378
10・19官邸前デモに
全国学生が大登場!
 10月19日、首相官邸前をはじめとした霞ヶ関一帯でのでの反原発デモが数万の結集で闘われました。

 この日は同時に法大において「10・19法大解放総決起集会」とデモが法大生1000名と全国学生によって圧倒的に打ち抜かれ、その熱気さめやらぬまま霞ヶ関での行動に法大・文化連盟を先頭に全国大学の闘う学生が大結集しました。
  官邸前では同学会を再建した京都大や広島大、福島大をはじめ全国大学の旗が林立し、「再稼働反対!」「キャンパスから原発止めよう!」「学生自治会をつくろう!」の声をとどろかせました。

 また全国学生は文科省前の「ふくしま集団疎開裁判」を闘う福島の方たちの抗議行動にも合流し、御用学者・山下俊一らによる「秘密会議」への怒りをはじめとした「フクシマの怒り」と団結した闘いを打ち抜きました。

 
職場・キャンパスから闘い、街頭闘争へ! さらにその闘いを職場・キャンパスへ! 大恐慌下で危機にあえぎ戦争と大失業に突き進むぐ野田政権を、11・4労働者総決起集会-11・11反原発1000万人行動の大爆発で打倒しよう! (法政大・U)

中国・海南省で火力発電所の建設に反対し、6000人の暴動続く
 海南省三亜市楽東黎族自治県鶯歌海鎮で、火力発電所の建設に反対する暴動が、10月13日より連日続いている(写真は事件を報道する香港紙『明報』10月21日号)

楽東県政府と中国国家電力グループは、今年3月に鶯歌海鎮に火力発電所を建設することを決定したが、人口1万8000人の鎮で、環境破壊に抗議する1万人の抗議行動が爆発し、鎮全体がストライキのような状況となった。そこで鎮政府はこの計画を撤回し、他の場所へと建設計画を変更した。しかし新たな2カ所の候補地でも反対運動が爆発して破産。再び建設計画が鶯歌海鎮に戻ってきたのである。
 10月13日より住民は鶯歌海鎮政府と漁政局の門の前に集まって入り口を封鎖し、抗議行動を展開した。その数は6000人とも1万人ともいわれている。16日になって警察が導入され、住民と警察が対峙する状況となった。18日の夜になって事態はエスカレートした。この晩、10数台の車両、数千人の武装警官が鎮に入り、鎮政府と漁政局を厳戒態勢に置き、住民と全面的に激突した。一人の女性が負傷し、2人が逮捕されたという。催涙弾が打ち込まれ、「一人の男が、4人の武装警官によって手足をつかまれて階段からたたき落され、逮捕されていった。残忍で、強盗のようだ!」と一人の住民は証言している。

 衝突は18日から19日まで続き、多くの負傷者が出たが、20日になって警察は道路に散らばった催涙弾の回収を行い、弾圧の証拠を隠滅した。

 しかし事態はこれで終わらなかった、21日の夜、今度は三亜市政府が数百人の住民に包囲され抗議される事態となった(写真)。武装警官が動員されて、三亜市政府に通じるすべての道路が封鎖され、都市が隔離される中で、住民と警察との間で激しい激突が現在続いているといわれている。すでに数十人が逮捕されたともいわれているが、現在、この事件に関して中国国内では報道規制、ネット規制が敷かれており、正確な負傷者数や逮捕者数は不明である。

 火力発電所によるすさまじい環境汚染と劣悪極まる炭鉱労働者の状況は、一貫して中国で大きな問題となってきた。鶯歌海鎮住民は、「火力発電所建設反対! 環境を守れ!」などのスローガンを掲げて闘っている。中国政府は自らが引き起こしたこの現状を逆手にとって、原子力発電所の建設を大々的に推進し、世界最大の原発大国になろうとしているが、日本の福島原発事故はこうした中国政府による原発の「安全性」「クリーン性」の宣伝に対する疑問も激しく呼び起こしつつある。

 鶯歌海鎮をはじめ中国各地で起きている火力発電所(と原子力発電所)に対する中国の労働者・農民・漁民の闘いは、労働者・農民・漁民の「生きるための」生存権をかけた闘いそのものであり、福島の闘いに通じる政府と電力資本に対する真っ向からの闘いとなっている。労働者は非正規職化や外注化によって職場で「生きられなくなる」とともに、電力資本をはじめとする資本と政府による環境破壊によっても殺されようとしているのである。「非正規職撤廃・原発再稼動阻止」の旗を高々と掲げ、このスローガンのもとで中国の労働者との団結をつくりだしていこう! 11・4集会の高揚をかちとろう!(G)
 

10月23日(火)
差し入れ、大花巻
一日遅れたけど、則子さんの誕生日祝い。ケーキかと思いきや、下は豆腐です
昼食は豚とじ丼、自由盛り
昼食後、「前進」の読み合わせ
夕食はノブオちゃん作・お赤飯 鶏のから揚げ ナメコ豆腐
ムール貝を売ってたのでワイン蒸し


水ナス
中川さんの手作り弁当 →
<生活保護>支給引き下げで一致 財政審分科会 毎日新聞 10月23日(火)0時9分配信
 財政制度等審議会(財務相の諮問機関)は22日、財政制度分科会を開き、生活保護の支給額見直しについて議論した。委員からは「デフレを反映させるべきだ」との意見が相次ぎ、13年度から物価下落に見合った引き下げが必要との見解で一致した。11月末に財務相に提出する答申に盛り込まれ、来年度予算編成の焦点の一つになる見通しだ。

 生活保護の年間支給総額は08年のリーマン・ショック後に急増。12年度は国の負担が約2兆8000億円に上り、歳出増加の一因になっている。

 政府は8月に閣議決定した来年度予算の概算要求基準で生活保護制度を見直す方針を示しており、予算編成の意見を所管する財政審と、社会保障審議会(厚生労働相の諮問機関)で具体的な見直し論議が進んでいる。

 22日の財政審の会合では、生活保護受給者の生活費が受給していない低所得者を上回る「逆転」状態を是正する必要があるとの意見が相次ぎ、多くの委員が物価変動に応じて支給額を改定すべきだとの意見を表明した。

 また、受給者の医療費抑制に向け、医療機関の窓口で一部を自己負担した上で、翌月以降に負担額を払い戻す制度の創設でほぼ一致。このほか、10年度で約2万5000件、128億円に上った不正受給を減らすため、厚労省が検討している罰則強化を支持する意見が出た。【工藤昭久】

 


三里塚芝山連合空港反対同盟 動労千葉 星野さんをとり戻そう!全国再審連絡会議 労組交流センター
動労千葉を支援する会
3・14法大弾圧を許さない法大生の会
北島邦彦の「すぎなみ未来BOX」
とめよう戦争への道!百万人署名運動

10月⑬へ 10月⑮へ
2012年日誌
inserted by FC2 system