日  誌
2012年10月⑪

10月⑩へ 10月⑫へ
2012年日誌

 トップの頁 目次の頁 →

東京北部ユニオン
 「街」分会 
ビデオ・ライブラリー

2012年・2011年 
2010年・2009年・
2008年・2007年
沖縄料理店「チャンプルー街」
ライブ・ライブラリー
            
古いビデオが出てきたので、少しずつ掲載していきます

国鉄闘争の火をさらに大きく” 
被災地・福島と固く結び
職場闘争で資本の支配を打ち破る
国鉄闘争全国運動の発展を!
831号~(2012.7.28~) 811号~830号(2012.6.26~7.27)
791号~810号(2012.5.18~6.26) 771号~790号(2012.4.~5.17)
 751号~770号(2012.2.~3.30) 731号~750号(2011.10.~12.24)
  711号~730号(2011.10.~12.24) 691号~710号(2011.10.14~11.9)
671号~690号(2011.9.11~10.12) 651号~670号(2011.8.11~9.10)
国鉄闘争全国運動のホームページ
http://www.doro-chiba.org/z-undou/z-index.htm
NAZENブログは、こちら 福島診療所建設委員会ホームページはこちら

スケジュール



10月17日(水)
昼食は山形名物・引っ張りうどん 差し入れの厚焼き卵 お稲荷さん
昼食後は、一日遅れの「前進」の読み合わせ お買い上げ
金曜、地域交流会ように差し入れ


今秋の福島野菜・果物
夕食は、ナメコ豆腐 差し入れのマグロの漬けを唐揚に 動労千葉物販の黒豆
切り干し大根サラダ 三里塚の青梗菜・タアサイのお浸し
久々登場のニイちゃんが

コハちゃんと対局。

食後、食べるニイちゃん
 

10月16日(火)
動労千葉物販、銚子支部の労働者が来ました。午前中、労働組合回りの後で昼食
昼食は豚シャブ タンドリーチキン 三里塚の漬物
差し入れ
夕食は、ぶり漬け丼 京都のポタポタ揚げ
ダシを買ったらオマケで


ついてきた九州の筍の水煮を、

買ったダシで煮ました


動労千葉を支援する会のホームページから転載
DC通信No.1672 2012/10/6

韓国・民主労総が日本大使館前で動労千葉ストライキに連帯行動
 9月27日、韓国の労働組合のナショナルセンターである民主労総(約70万人)のソウル地域本部が動労千葉の外注化反対のストライキを支持する連帯行動と記者会見を行いました。民主労総は、世界有数の戦闘的労働組合の全国組織として知られています。
 日本大使館前で「動労千葉のストライキ闘争を韓国・民主労総ソウル本部が支持し、連帯します」「JR外注化阻止! 非正規職撤廃! 強制出向反対!」などと書いた横断幕を出してアピールを行ってくれました。
 記者会見では、ソウル地域本部イジェウン本部長や鉄道労組のパクテマン主席副本部委員長などが発言しました。


27日ソウル本部が動労千葉の闘争を支持する記者会見。参加してくれた同志たちはこのかん動労千葉との交流会に参加した同志たちです。 今日はみんなが動労千葉のTシャツを着てきました。 初めから警察とのぶつかり合いがありました。 日本大使館前では何もすることができないのだと記者会見を妨げて道の反対側でやれといって私たちの記者会見を阻止しました。 しかし結局警察たちは盾と力で私たちを押し出し始めました。
その過程でキリュン分会の同志たちと何人かの女性同士たちが転びました。怪我をした人はおりませんでしたのでご心配なく。 警察官とのもみ合いの末、結局は私たちは大使館前の道路側で記者会見をを行ないました。
ソウル本部イジェウン本部長、鉄道労組パクテマン主席f副本部委員長、サイバー労働大学キムスンホ代表、ハイテク分会キムヘジン同志が糾弾および連帯発言をしてくれました-。 最後に記者会見文を朗読して動労千葉に送る支持メッセージプラン(激布?)を作りました。 また、10月1日ストライキを支持するイジェウン本部長の連帯メッセージも一緒に送ります。(ソウル本部からのメールより)

(9月27日)

日本大使館前一人デモ

 28日午前10時から1人デモを日本大使館前で続けます。 動労千葉の同志の皆さん、がんばって必ず外注化を粉砕して勝利の闘争になることを願っています。 身は遠くはなれていても精神は同志たちと共にあります。

(ソウルの仲間からのメール)

●ソウルの日本大使館前の1人デモ3日目(9月30日)
今日は秋夕の日で、午前11時から日本大使館前でリレー1人デモを始めました。
 11時から12時までは私がやり、12時から12時から13時まではカンヨンジュン同志が13時から14時まではハンヒョク同志が1人デモを行ないました。
 実際今日1人デモを多くの人がやるには秋夕の日で家族と共に過ごす日であるので多くの同志の参加をお願いするのが難しく、3人が3時間の間、大使館前で闘いました。
 昨日と同じく大使館の中では職員たちが出ており、我々の姿をしっかり観察していました。
 警察官たちも秋夕の日であるので休むのではないかと言ったのですが、私たちのデモを止めることができないからだと説明しました。
 光化(クァンファ)門前でソウル市が文化行事を行なっているせいで外国人たちが大使館を訪れ大使館前にある少女像を見物して写真も撮りながら1人デモの様子もついでに見ていったのです。
 明日は鉄道資本が民営化、外注化を実施すると宣言した日であり、これに対して強力にストライキで対応する日ですよね。
 動労千葉の同志たちの強い闘争意志と決意があるから、この闘争は必ず勝利すると固く信じています。
 こちらの現場活動家同志たちも明日10時から大使館前の1人デモを必ず成し遂げて動労千葉の同志たちと共に連帯します。(ソウルの仲間からのメール)

●ソウルの日本大使館前の1人デモ4日目(9月30日)

10.1のリレー1人デモは、これまでの1人デモとは異なり、動労千葉労組のストライキが決行される日であるという思いもあって、少し慎重に9時30分から始めました。
 今日は1人デモの最終日でもあり、秋夕連休の最後の日でもあり、少し多くの同志たちが参加してくれました。

 チェボンシク同志とチュボンヒ同志は家族まで連れてきて、ソギョン支部のパクヨンソク同志は組合員たちが一緒に参加して1人デモに大きな力になりました。

 そして動労千葉のストライキのせいか?日本大使館の方から私たちを見つめて監視する目つきがさらに険しくなった一日でした。
 外注化阻止闘争は必ず勝利すると信じます。(ソウルの仲間からのメール)



三里塚芝山連合空港反対同盟 動労千葉 星野さんをとり戻そう!全国再審連絡会議 労組交流センター
動労千葉を支援する会
3・14法大弾圧を許さない法大生の会
北島邦彦の「すぎなみ未来BOX」
とめよう戦争への道!百万人署名運動
10月⑩へ 10月⑫へ
2012年日誌
inserted by FC2 system